資料請求 受験生の方へ ネット出願
クラブ情報

炎天下の2ゴール決めた 東海女子サッカーリーグで逆転初勝利

2018/7/16

 東海女子サッカー1部リーグ戦第3節で、愛知東邦大学は7月14日、磐田東高校と対戦、2―1で勝ち、待望の今季初勝利を飾りました。
 開幕以来、3連戦連続で静岡県高校生チームとの対戦。前半に1ゴールを許したものの後半、人間健康学部2年生の山下和華(のどか)(聖和学園高校)が逆転の2ゴールを決めました。山下の得点は第2節に続き今季3点目です。
 これで今季1勝1敗1引き分けとした愛知東邦大学は第4節の7月29日、今季初のホーム戦となり、日進グラウンドで藤枝順心Jr.ユースと対戦します。連勝で一気に勢いに弾みをつけたいところです。田中梨華さん(教育学部2年生)のゲームリポートです。

 

▽東海リーグ第3節(7月14日14:00kickoff、磐田東高校G)
 愛知東邦大学2-1磐田東高校(0-1、2-0)
 得点:山下和華(2年)2点
 立ち上がりから流れをつかめず、コーナーキックから早い時間帯に失点してしまいました。その後も何度かシュートを打ちましたが、決定的なチャンスはあまりなく、自分たちのミスからカウンターを受ける場面が多々ありました。

 後半は点を取りに行くため前からプレスをかけ、徐々に自分たちの流れにすることができました。そして、良いパスワークから、2点を取り返し2―1で今季初勝利を収めることができました。
 前半に先制され、苦しい試合展開になりましたが、ハーフタイムで立て直し、逆転勝利できたことは、次の試合にも繋がる良い勝利だったと思います。しかし、前半の立ち上がりから、流れをつかみ、出来るだけ早い段階でプレーの修正できることが課題だと感じました。7月29日(日)、愛知東邦大学日進Gで で藤枝順心Jr.ユースと対戦します。応援よろしくお願いします。