資料請求 受験生の方へ
お知らせ

学園史断絶の危機に〝緊急登板〟した旧制東邦中学校

2018/6/18

 東邦商業学校は、最後の卒業生が送り出される1948年3月で廃校が迫まっていました。こうした中、1946年4月、急きょ開校されたのが旧制東邦中学校でした。翌年の募集は行われず、1948年4月にスタートした新制東邦高校・中学校にバトンを引き継ぎました。東邦中学校は95年の東邦学園史をつなぐ、〝緊急登板〟の役割も果たしました。
 卒業生は242人。132人が誕生したばかりの東邦高校に進学し、110人がそれ以外の進路を選びました。

 「語り継ぐ東邦学園史」の第34回「旧制学校の終焉」をご覧ください。