愛知東邦大学

2017.08.29

東邦学園「納涼音楽祭」で行く夏惜しむ

 東邦学園の恒例イベントである「納涼音楽祭」が8月最後の土曜日となった26日午後6時から東邦高校で開かれ、訪れた大勢の地元住民が愛知東邦大学吹奏楽団、東邦高校吹奏楽部マーチングバンドコース、猪子石中学校吹奏楽部の演奏を楽しみました。
 納涼音楽祭は東邦学園が、地域の皆さんとの交流をいっそう深め、夏の終わりに音楽やイベントを楽しんでもらおうと2010年から開催されています。今年は東邦高校「交流の広場」をステージに、吹奏楽演奏に絞ったプログラムが組まれました。

 オープニングファンファーレ、実行委員長の澤田節子人間健康学部長(理事)のあいさつに続いてプログラムがスタート。ウリボー楽団の愛称で、東邦とともに地元では人気の猪子石中学校吹奏楽部30人が5曲、愛知東邦大学吹奏楽団11人が6曲、東邦高校吹奏楽部マーチングバンドコース58人が10曲をそれぞれ披露。すっかり陽が落ちたステージで3チームコラボによる迫力いっぱいの合同演奏で「ディズニーランドセレブレーション」など4曲が演奏されました。

 最後に榊直樹理事長が訪れた来場者に「たくさんの皆さんに足を運んでいただき

ありがとうございました。東邦学園はこれからも地域の皆さんに愛される学園として歩んでいきたいと思います」とあいさし午後7時半に終演しました。 





< トップに戻る