クラブ情報

愛知東邦が3ゴールで清水第八プレアデスに快勝

2017/7/4

 女子サッカー東海1部リーグで愛知東邦大学は7月2日の第5節で、静岡市のクラブチーム清水第八プレアデスと対戦し、竹林佑真が2ゴールを決めるなど3-0で快勝しました。
 愛知東邦大はこれでリーグ通算成績を3勝2敗としました。第6節は7月9日、第4節で惜敗した常葉大学付属橘高校とアウェイで戦います。
 愛知県1部リーグのTOHO Univは7月1日の第4節で、日進グラウンドで豊田レディースFCと対戦しましたが0-2(0ー1、0ー1)で敗れました。開幕から3連勝と好調だったTOHO Univですが、これで3勝1敗となりました。第5節は7月15日、アウェイで名古屋経済大学との対戦です。

 

▽東海リーグ1部第5節(7月2日、日進G)
 愛知東邦大学3-0(2-0、1-0)清水第八プレアデス
 得点:竹林佑真×2、岩田あかり

 先制点を東邦が取ることができ自分達のペースをつかむことができました。ダイレクトを使っていい形でのパス回しも沢山つなぐことができました。ですが、勝っているのにも関わらず焦ってもったいないパスミスをしたりする場面も多々ありました。次節ではまたこの試合で出た課題を克服できるように練習からしっかり意識して取り組んでいきたいです。(4年岩田あかり)

▽愛知県1部リーグ第4節(7月1日、日進G)

TOHO Univ0-2豊田レディースFC(0-1、0-1)

立ち上がりからうまくプレッシャーをかけることができず、相手が自由にプレーする回数が増え、失点につながってしまいました。何度もチャンスはありましたが決めきれず、自分達の甘さを痛感しました。選手同士話し合い、反省点を修正し、目標でもある、1部優勝につなげていきたいです。(3年永坂友美)