クラブ情報

吹奏楽団が小編成マーチング全国大会で優秀賞

2017/2/21

 愛知東邦大学吹奏楽団が2 月18、19日に横浜市の神奈川県民ホールで開催された第16回マーチングステージ全国大会(日本マーチングバンド協会主催)に出場し、初めての試みとなった全員ピット楽器演奏などで会場を沸かせました。
 マーチングステージ全国大会は、少人数でも効果的な表現が可能なステージ(舞台)、特に小編成の団体でも全国大会での演奏発表ができる大会として開催されています。
 愛知東邦大学吹奏楽団は初日の18日に10人のメンバーで出場。同日の出場団体の中には、愛知東邦大学よりも少ない人数で出場している団体もありました。
 団員たちには、同じ少人数でのマーチングでも、工夫次第でどんな構成にもチャレンジできるという点で大きな励みになったそうです。参加団体には優秀賞が贈られ、会場に応援に駆けつけた榊直樹学長もチームワークも見事だった愛知東邦大学吹奏楽団の演奏に大きな拍手を送っていました。

 団長の花木珠里さん(経営学部地域ビジネス学科2年)は、「今回の構成では初の試みとなる全員ピット楽器(打楽器の演奏)での場面を取り入れ、会場を沸かせることができました。これからも、どのバンドにも真似できないようなマーチングスタイルを確立させていきたいと思います。お忙しい中、榊学長先生にも応援に駆けつけてくださり、本当にありがとうございました」と話しています。