イベント情報

TOHO×名古屋グランパス 第4回ガールズサッカーフェスティバルを開催

2017/8/21

 愛知東邦大学と名古屋グランパスの連携事業である第4回ガールズサッカーフェスティバル(主催・愛知東邦大学、協力・株式会社名古屋グランパスエイト、愛知東邦大学女子サッカー部、愛知県サッカー協会女子委員会)が8月21日、愛知東邦大学日進グラウンドで開かれました。愛知県内の女子サッカー人口のすそ野を広げる普及活動として4年前から夏休み中の小学生を対象に開催されており、小学生約90人が参加しました。
 午前9時半からの開会式では、女子サッカー部の中村陽主将が「きょうはみんなでサッカーを楽しみましょう」とあいさつ。さっそく低学年と高学年がそれぞれ初心者と経験者の計4グループに分かれて、女子サッカー部員たちが名古屋グランパスのスクールコーチたちの指導を受けて作成したメニューに沿って練習を開始。

 小学生たちは女子サッカー部員たちが腰につけたタオルを追いかける「しっぽとり」ゲームやコーンドリブル、シュート練習などに取り組み、水分補給をしながら午前11時の終了まで真夏のグラウンドを元気に走り回っていました。
 女子サッカー部監督の大勝志津准教授が担当する「東邦プロジェクト」で学ぶ経営学部の男子学生4人もサポート役として参加。3年生の濱田直希さんは、「参加者の中には様々なクラブチームに所属している児童も多いが、こうしたイベントを通して交流することで互いに良い刺激になるのでは」と話していました。