資料請求 受験生の方へ ネット出願
教育学部 学部紹介・学部長挨拶

「人間力」豊かな保育士・幼稚園教諭・小学校教諭を養成

教育学部の特徴

教育学部は、乳幼児から小学校までの子どもを対象に、その発達過程を理解し、表現力豊かな保育士・教員を育成します。本学部の特色は、キャンパス内では1年次から卒業まで少人数制のきめ細かなゼミ指導が行われます。また一方で、1年次から名東区を中心とした近隣の小学校をはじめ幼稚園、保育所、児童福祉施設などで子どもたちと実際に関わる機会を多く設けています。実際の教育現場で実践的に学び、専門的な力を総合的に身につけることができます。

学部長挨拶

教育学部学部長
後藤 永子

教育と保育の諸問題にじっくりと取り組める環境です。

育学部は、目的学部と言われるように小学校教諭・幼稚園教諭・保育士になるための免許と資格に必須の知識と実践的技能を身に付け「先生」と呼ばれる仕事に就くことを目的にしています。
教育学部では、今の子どもたちのありのままの姿に関わることが必要と考え、大学周辺にある小学校、幼稚園、保育所、児童館などに1年次より出掛け、観察や参加の体験を通して、教育・保育の現場に存在する問題や学習課題として取り組む授業を行っています。それを「サービス・ラーニング」と呼び、単位化しています。内容は、小学校、幼稚園、保育所の運動会の準備から当日のお手伝い、遠足の付き添い、夏祭りのお手伝い、授業参観のサポート、時には図書館の遊びの企画実行と多岐に亘ります。大学の「外」と「内」を往復するような学びを総合的に行い、現場に正面から向き合うことのできる思考力・判断力・豊かな表現力を習得していきます。いずれ2年次以降に実施される教育・保育実習の事前準備としても位置付けています。これらは二つのコースに共通しています。
「初等教育コース」では、小学校教諭一種免許と幼稚園教諭一種免許が取得できます。また、「幼児教育コース」では、保育士資格と幼稚園教諭一種免許が取得できます。いずれのコースも、教育と保育の課題に正面から向き合う様々な授業を準備しています。コースは入学後に各自の希望によって選択できることになっています。
子どもの発達保障の場で教育・保育の課題に取り組みたいと考えている皆さんを教育学部は、全力で支援していきます。