営業の仕事も
ひとりではできない

私は、人材コンサルティングの株式会社カケハシ スカイソリューションズで営業職を務めています。主な業務は、企業のニーズに適した人材の紹介や、就職希望の学生へのマッチング企画などです。入社2年目ですが、「1年目だから、2年目だから」と、年次で区別する会社ではないので、高い目標を持って仕事に取り組んでいます。
部署ごとの成績に加えて個人成績も重視される営業職は、一般的に個人プレーだと思われがちです。しかし、個々の数字もひとりではつくれません。先輩からのアドバイスや、他部署のサポートがあるからできるのです。自分の意見だけで固めた提案は、えてして実になりません。
チームで練り上げた提案だと、お客様の反応も違います。数ある人材コンサルティング会社から、カケハシ スカイソリューションズを選んでもらうには、お客様から「良い会社だね」と思っていただくことが大切なのです。
提案時の言葉のチョイスや、お問い合わせへのレスポンス、時間の管理など、悩むことはたくさんあります。でも、お客様からもっと頼りにされたいので頑張れます。お客様から「あなたに任せて良かった」と仰ってもらえたときは、心が燃えましたね(笑)。これからも、信頼される人物になるために、あらゆることに真面目に取り組んでいきたいです。

挑戦するとき、
いつもそばには先生が

今でもポジティブな性格の私ですが、20歳前後の頃は、さらに猪突猛進タイプ。「これをやりたい」と思ったことなら、大学の内外を問わず挑戦していました。将来の目標も、高校3年生まで取り組んできた器械体操の競技経験を生かすためスポーツトレーナーひとつに絞り、資格の取得に向けて勉強を重ねました。部活動では男子サッカー部に入部して、トレーナー兼マネージャーとして活動。団体競技の魅力に触れながら、自分が日々成長している実感を得られました。残念ながら、スポーツトレーナーの資格試験の結果は不合格でしたが、自分が選んだ道を存分に歩めたので悔いはありませんでしたね。
後悔しないほどに頑張れたのは、ゼミの葛原先生のサポートがあったからです。座学から現場での実習まで、親身にフォローしてくださり、いつも笑顔で背中を押してくれました。私にとって、葛原先生は父のような存在です。
「人が多い場所」という先入観を持っていた大学で、これほど近しい先生に出会えたのは、愛知東邦大学ならではだと思います。少人数制だから、先生や職員さんとの距離がとても近いのです。先生や職員さんから名字ではなく下の名前で呼ばれるほどにコミュニケーションが活発で、学生それぞれの目標や夢を、学校もしっかりと把握してくれています。学校や先生がそばでサポートしてくれるから、私は安心して好きなことに挑戦できました。

悩んでいるすべての学生さんへ。
まずは行動です!

進路に悩んでいる高校生の方は、まず、4年間という期間の意味を考えてください。やりたいことをやり、何かひとつでも目標を実現させてください。また、大学は社会人になる一歩手前のステージです。自分の将来を思い描いて、どんな人になりたいのかを考える最後の期間なので、悔いのない学校選びをしてください。
愛知東邦大学に通う学生の方々、特に就活生の方々には、自分のやりたいことを重視してほしいです。もちろん、簡単に思いつかない人もいるでしょう。何が自分に合うのか分からない人がいるかもしれません。そんな場合は、とにかく行動してみましょう。企業の説明会でも、先生や両親、友人への相談でも、何でもいいのでアクションを起こすことが大切です。
私は説明会で話を聞いて、「ここは自分に合っていそう」や、「ここで自分は活躍できないな」と感じることで、進むべき道が見えてきました。相談では、思いもよらない意見をもらい、じっくりと考え直すきっかけになります。
決して自分ひとりで考えこまず、行動して、たくさんの刺激を受けてください。自分ひとりでは何もできません。社会は自分中心に回りませんし、どんなアクションにも必ず誰かの協力が必要です。大学での勉強も、教えてくれる先生がいて、環境を整えてくれる職員さんがいて、生活を応援してくれる家族がいるからできるのです。
ひとりだけの4年間だと思わないで、周囲への感謝を忘れずにいましょう。そして、どんどん行動してください!