社会貢献 職業実践力育成プログラム

職業実践力育成プログラム

ステップアップしたい若手社員に支援の講座を4月から開きます!

bp_logo_img

文部科学大臣認定
「職業実践力育成プログラム(Brush up Program for professional)」
「中小企業のための若手社員活性化プログラム」

社会人・企業関係者の皆さまへ

 愛知東邦大学の「中小企業のための若手社員活性化プログラム」は、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムです。文部科学大臣から「職業実践力育成プログラム」として、制度創設初年度に認定されました(2015年12月15日)。
 さらに、本プログラムは、文部科学省が社会から需要があり、奨励すべきテーマとして位置づける4テーマの中の一つ「中小企業活性化」にも該当するプログラムとして認定されました。

【プログラムの概要】

 本プログラムでは、中小企業の若手社員を対象に、就業意欲を喚起し、その時期に特に必要な実践的な知識やスキルについて、中小企業固有の課題や問題を取り上げながら学修します。
 経営戦略、経営組織、管理会計、マーケティング、ブランド構築等の知識やビジネススキルについて学ぶだけでなく、これまでの歩みを振り返り、今後のキャリアについて考えます。それによって内省し、自己洞察を促していく効果が期待できます。自らの考えを整理して言葉にすること、異なる見方や考え方に触れて、自社の常識を相対化できる学びの場を、会社の枠を越えて持つことは、若手社員にとっては、大変重要なことと考えます。
 若手社員の活性化が、中堅社員にも新鮮な刺激を与え、中小企業の組織全体の活性化へ繋げることが、本プログラムの最終的な目的です。
※具体的な内容については、以下の申請書をご参照ください。
「職業実践力育成プログラム(BP)」の詳細はこちらをご覧ください。

申請書様式1(PDF)
申請書様式2(PDF)

【プログラム開講の詳細】

2017年4月より開講し、開講期間は1年です。修了時に学校教育法第105条規定の「履修証明書」を発行します。プログラムの詳細、受講申し込みについては、下記をご覧ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 教務課(担当:藤井・柾谷)
TEL 052-782-1241(代表)
E-Mail kyoumu@aichi-toho.ac.jp