お知らせ

「子犬・子猫に幸せな未来を」でATUCC寄付講座

2017/7/7

 ATUCC(愛知東邦大学コミュニティカレッジ)の前期講座で7月6日午後6時から、「子犬・子猫に幸せな未来を!~家族の一員として、社会の一員として楽しく生活するためには?~」をテーマにした講座がL棟4階のLCホールで開かれ23人が受講しました。
 講座は「名古屋市守山区の「すずむら動物クリニック」の寄付講座で、講師は同クリニックの鈴村直弘院長と看護師でJAHA(日本動物病院協会)が認定する訓練資格者(パピーケアスタッフ)の野田有希さん。
 鈴村院長は、いろいろな動物の寿命を比較しながら14~15年の犬、15~16年の猫の寿命について、いずれも死因のトップは悪性腫瘍であることなどを紹介しながら健康対策を中心に講義。野田さんは、ペットの飼い主が守るべきルールとして①飼い主がペットとの生活を楽しんでいること②ペットが幸せであること③周囲の人に迷惑をかけないことの3点をあげながら、子犬、子猫の時期からのしつけの大切さなどを講義しました。


 質疑応答では、犬の飼い方での質問が目立ち、鈴村院長と野田さんが丁寧にわかりやすく説明しながらアドバイス。受講者たちからは「今まで知らなかったことをたくさん知ることができました」「これから家族の一員になるペットに早く会いたくなりました」などの声も聞かれました。