クラブ情報

新人戦で愛知東邦大が中部大にサヨナラ勝ち 18日に準決勝と決勝

2017/6/17

 愛知大学野球2017年度新人戦は6月17日、中部大学グラウンドで準々決勝2試合が行われました。愛知東邦大学は第1試合で春の1部リーグ優勝校の中部大学に3-2でサヨナラ勝ちしベスト4を決めました。
 大方の予想では全日本大学野球選手権にも出場した中部大の圧勝と見られていましたが、2部Aリーグ4位の愛知東邦大が見事な金星を挙げました。
 愛知東邦大は7回に1死1、3塁から9番打者の1年生川上(東海大甲府)のタイムリー二塁打で2点を先取。中部大は8回、9回に1点ずつを返し同点に追いつきましたが、愛知東邦大は9回裏、1年生の作田(愛知黎明)が三塁打でチャンスメイク。4番の2年生角山(東海大甲府)が右中間に適時打を決めてサヨナラ勝ちしました。

 中部大の強力打線を2点に抑え込んだ中村(大師)、藤田(大垣日大)の1年生投手リレーの健闘ぶりも光りました。
 準決勝は18日午前9時からに愛知学院大学グラウンドで行われ、愛知東邦大は同朋大と対戦。勝てば同日午後2時から同グラウンドで、中京大対愛知工業大戦の勝者との決勝戦に挑みます。

 

【新人戦準々決勝】(6月17日、中部大G)

中部大 000 000 011=2

東邦大 000 000 201=3x

 ▽バッテリー:中村励、藤田―山居、山下▽二塁打:川上▽三塁打:池口、作田

愛知大学野球連盟の新人戦サイトもご覧ください。