クラブ情報

吹奏楽団が売木村「Uフェス」、アジアマスターズ水泳選手権開会式に出演

2018/7/27

 愛知東邦大学吹奏楽団は7月21日に長野県売木村で行われた「Uフェス〜うるぎ村ふるさと体験フェス〜」で演奏させていただきました。「Uフェス」は、南信州の小さな山里である売木村で、自然と触れ合いながら 夏の一日を過ごそうというイベント「URUGI village festival」の略称です。
 吹奏楽団単独のパフォーマンスと、「TOHO MARCHING BAND」のアンサンブルチーム「TOHO OOMEN」と「TOHO SAXTEEN」がレパートリー曲を披露させていただきました。

 会場では地域の特産物を使った料理や企画ブースがあり、子どもから大人まで幅広い年代の方が一緒になって楽しめる空間でした。また、今回のUフェスに参加されている他の出演者の方々と音楽を通して繋がることができた温かいフェスでした。
 愛知東邦大学吹奏楽団は7月11日~16日には、日本ガイシアリーナにて開催された第1回アジアマスターズ水泳選手権大会の開会セレモニーにも出演しました。
吹奏楽団コーチの濱野梓さんがトランペットソロで「君が代」を演奏。吹奏楽団がBGM演奏や歓迎パフォーマンス演奏をさせていただきました。

 毎年演奏依頼をいただいている水泳大会ですが、今回は、アジア水泳連盟、日本水泳連盟、日本マスターズ水泳協会の主催で行われました。日本、中国、香港、韓国などアジア13か国から計5458人がエントリーしており、世界の方々に私たちの演奏を知っていただけるとてもいい機会となりました。
 次回は9月に行われる「レインボーカップ」の開会セレモニー時にプールサイドでのマーチングパフォーマンスを披露させていただく予定です。(吹奏楽団総監督・白谷峰人)