お知らせ

「語り継ぐ東邦学園史」第22回は「商業学校不要論」です

2017/12/21

 東邦商業が甲子園で3回目の全国制覇を果たした1941(昭和16)年。喜びに沸いた赤萩の東邦校舎ですが、一方では戦時体制の暗雲が広がっていました。 国家総動員法(1938年)、国民徴用令(1939年)に続いて1941年10月16日の文部省令により、実業学校も修業年限が短縮され卒業が3か月繰り上げられました。

 さらに1940(昭和15)年12月9日に出された文部省実業局長通牒によって上級学校への進学が、学校長の推薦を受けた卒業生約1割に抑え込まれることになったのです。生産に寄与しないと、商業学校不要論も起こっていました。

「語り継ぐ東邦学園史」の第22回「商業学校不要論」をご覧ください。