人権侵害への取り組み 本学の取り組み

人権侵害への本学の取り組み

愛知東邦大学では、学生がひとりひとりかけがえのない個人として尊重され、セクシュアル・ハラスメントなど人権侵害と性差別のない環境のもとで安心して学習ができるよう心がけています。学生生活上の安全を責任を持って守っています。

セクシュアル・ハラスメントとは

大学におけるセクシュアル・ハラスメントとは、「教職員が学生に対して、あるいは学生間で、優位な地位や上下関係を利用して、相手方の望まない性的な行為や言動を行って不快感や不利益を与えたり、学生生活上の環境を悪化させる」ことを言います。学生が「いやだ」と拒否できない関係にあることを悪用して行われる教職員や先輩などによる性的な行為や言動が、セクシュアル・ハラスメントに当たります。手を握ったり、体に触ったり、性的な言葉でからかったり、性的な誘いかけをしたりすることなどが例として考えられます。学生の立場で、「いやだ」と思っても「先生だから仕方がない」とか「断ったら成績にひびく」などと考えて我慢してはいけません。学生だからと、被害を受けても黙っていたり、あきらめたりしないでください。万が一、そのようなことが起これば、加害者に責任があるのはあきらかです。いやなことは、はっきり「ノー」と言いましょう。周りの人も、そのようなときには、冷たい目で見たり、無関心になったりせずに、被害を受けた人を心から支えてください。愛知東邦大学では、被害者を守るためあらゆる努力を惜しみません。

なぜ大学でセクシュアル・ハラスメントが問題なのでしょうか

大学は真理探究の場だから、セクシュアル・ハラスメントなんて起きないと考えているかもしれません。しかし、最近、全国の大学で起きたいくつかの事件を通して、大学が決して「聖域」ではなく、むしろセクシュアル・ハラスメントが起きやすく、しかも表面化しにくいことが明らかになってきました。たとえば、教員に、あなたの体形についてみんなの前でからかわれたら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか。あなたはとてもいやな気持ちになるでしょうし、心が傷つくでしょう。
このような行為は、学生を意志をもった個人として尊重せず、学生の人間としての誇りを侵害するものです。教員への信頼は失われ、「また、いやな思いをするかもしれない」と大学から足が遠のいたり、学習する意欲が薄れたりするかもしれません。これでは学生のみなさんが安全な環境のもとで安心して学習する権利が奪われてしまうことになります。また、女性を性的対象としてだけ扱ったり、軽視したり、馬鹿にしたりすることは、教育の場でも決して許されることではありません。だれもが対等な個人として、差別のない環境で学習する権利があります。ですから、安全で差別されずに学ぶ権利を侵害するセクシュアル・ハラスメントは、大学にとって、あってはならない問題なのです。

困ったときは、相談を

愛知東邦大学には、相談員がおります。セクシュアル・ハラスメントを万が一、受けたときは一人で悩まずにぜひ、相談員に相談してください。じっと我慢したり、自分を責めることはありません。秘密は厳守します。安心してください。相談員以外の自分の信頼している教職員や学生相談室カウンセラーに相談されても結構です。

人権侵害ガイドライン